特集 盛岡バスセンター 〜建物閉鎖後 そして…〜
11月初旬、建物南側の様子です。かつてのバス入口はバリケートが組まれ、県交通繋方面からと県北の路線はココが降車場となりました。
 盛岡バスセンターの建物の閉鎖に伴い 2016年10月1日以降、それまで建物内に集約されていた案内所・乗車券うりば・待合室が周辺に分散しましたが、一部の停留所では案内係を配置する等、出来るだけ不便を感じさせない配慮も見られます。
 また、停留所名及び案内上での「盛岡バスセンター」は10月1日以降も引き続き使われており、路線バスの行先表示としても従来通りとなっています。
 このページでは、10月以降の変化の様子を写真にて順次、お伝えしたいと思います。(建物閉鎖前の写真集は次ページです)
↑ ななっく向かい(ア・レ ヴェール側)停留所です。ななっく(旧 中三盛岡店)は向かい斜め右側です。ななっく前停留所とともに、バス案内係が配置されています。
 
↑建物東側のバス出入口だった場所の様子です。時代の流れを感じざるを得ないひとコマです。
↑飛島マンション前停留所は従来通り2箇所で滝沢(手前15)松園(奥16)方面からの終着ですが、ココの始発は松園方面だけとなり、滝沢方面はななっく前が始発となりました。手前「15」の乗車は新庄線盛岡駅方面等です。
↑東側車庫後ろの仮設県北バスのりばです。かつてのバスセンター構内のりばと同じ番号「1」が振られています。
↑東側車庫後ろ角に設置された仮設の待合室です。
↑県交通繋・雫石方面が発車する、仮設待合室手前「2」番のりばで、こちらもバスセンター構内時代同様です。
↑仮設待合室内はこのようにベンチのみで、かつてのバスセンター施設内からの移設と思われます。
案内所・乗車券売り場は「ななっく」正面入口脇に設置されました。
↑かつて古い上家があった場所です。
後ろは以前、わんこそばの「やぶ屋」のビルでしたが、マンションに建て替えられ雰囲気が大きく変わりました。
↑「ななっく」内に設置された案内所・乗車券うりばの窓口です。待合所も併設されました。
↑建物の外側にはこのようにパネルが組み上げられ、解体工事の準備に入っています。(2016.12.17 追加)
↑パネルが組み上がった状態。実際にはこの内側で解体工事が進行しています。(2016.12.17追加)
↑いちばん左側の写真の反対側から見た作業の様子です。(2016.12.17 追加)
↑ひとつ上右側の解体中、ななっく方面を向いた別角度からの写真です。(2017.3.20 追加)
↑上の写真と同じ位置から撮影した、建物解体完了後の状況です。
4月以降に盛岡市が土地を取得し、今後の複合施設の整備を目指します。(2017.3.20 追加)
↑建物解体完了後の状況で、ななっく向いバス停留所から東南方向(仮設乗降場側)を眺めた
様子です。
地表の色違い、砂利の部分が建物部分であったことがわかります。(2017.3.20 追加)
建物東側の飛島マンション側です。月極駐車場だったスペースも含め、全て路線バスの車庫と変わりました。この後・右側が仮設バスのりばです。
c40b1270.gif c40b1269.gif c40b1261.gif