暫くローカルな風景を満喫しているうちにかつて城内・日の戸方面へ分岐(現在廃止)していた玉山支所で時間調整を行い、再び北へ向かいます。ローカルながらも新幹線の高架や時折工業地帯も散見するようになった後、渋民中央病院付近から県北バスの沼宮内方面の路線と再び一緒になります。「やっと」の思いで終点の好摩駅前に到着すると周辺には「街中」の風景もありました。好摩駅はIGRいわて銀河鉄道とJR花輪線の分岐駅ですが、駅舎等、基本的にIGRの開業前と変わっていませんでした。(取材日:2004.12.23)
 盛岡バスセンターから北へ55分、岩手県交通の一般路線では最北端の終点です。バスは盛岡バスセンターを出発すると県庁・市役所前から先、盛岡駅には向かわず進路を北に変え岩手医大前・北山・県営野球場・松園営業所前(最寄停留所は小林牧場前)を経由しながら起伏に富み、且つ整備された道路を更に北へ向かいます。
 また、この路線は基幹路線である上田線等とは異なり中型車が運用についています
玉山線(岩手県交通)盛岡バスセンター〜県営野球場〜玉山支所〜好摩駅前
home.gif terminal_morioka_kouma001003.gif
(盛岡市玉山区) 
back.gif
好 摩 駅 前
岩交フリー乗車券 利用可