盛岡駅から東へ16分、盛岡を舞台としたNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」放送開始に合わせ、2007年4月2日から11月4日まで運行された「盛岡城下町線」及び「城下町循環線あさ開行」の“期間限定”の終点でした。
 盛岡城下町線は盛岡駅を出発後は「どんど晴れ」のロケ地のひとつである開運橋を渡り、菜園川徳前を経由します。そして市内都心部へは向かわず、反対側の下の橋へと向かいます。
 下の橋から先は城下町特有の狭隘で曲がりくねった道路が連続し、エアロミディMEの本領を発揮しました。そして惣門前、鉈屋町(なたやちょう:旧市立病院前の廃止された鉈屋町停留所とは位置が異なります)、大慈寺(右下の写真)、終点あさ開と城下町の趣きを残す街古い並みが続き、朝の連ドラ「どんど晴れ」の雰囲気も伝わってきます。(実際のロケもこの鉈屋町界隈で行ったようです)
 終点だった場所は地酒博物館(左下の写真)や南側にはあさ開の酒蔵もあり、時間をかけてゆっくりと周辺を散策してみるのもいいかもしれません。
あ さ 開
盛岡城下町線(岩手県交通)盛岡駅〜菜園川徳前〜鉈屋町〜あさ開 他 城下町循環線
(盛岡市) 
terminal_extinct_asabiraki001005.gif terminal_extinct_asabiraki001004.gif terminal_extinct_asabiraki001003.gif