岩手県北バス:中型路線車(その3)
ここでは、中型路線タイプの中で移籍車を紹介します。
みちのりホールディングスのグループ入り後の2011年から導入例が増えています。
 1987年式。元自家用のリーフサス・非冷房のトップドア車で車内は2人掛けのベンチシートが両側に展開しています。
 1台のみの配置で宮古地区で配置されていました。
日野P-RJ172BA
 1998年式。京王バスからの移籍車で、盛岡地区と宮古地区にそれぞれ配置されました。
 車内は薄いブルー系のモケットで京王時代のままですが、方向幕のLED化改造を受けた外観からは、県北バスのオリジナル車との差異はほとんど感じられません。
日野KC-RJ1JJCK(2013.1.15 追加)
いすゞKC-LR333J改(2013.1.15 追加)
日産ディKC-RN210CSN(2016.8.15 追加)
日産ディKC-RN210CSN(2016.8.15 追加)
三菱KK-MK23HH改 (2013.1.15 追加)
(左)岩手200か1622(八幡平)2012.11.8 盛岡BC
(右)岩手200か1623(沼宮内)2012.1.23 盛岡駅
 1999年式。京急からの移籍のワンステップ車、導入時点では唯一のいすゞ車で、沼宮内営業所へ1台のみの導入です。
 車内・車外とも以前と変わらないような雰囲気です。
 
 1999年式。この年に発売されたエアロミディ9mのリーフサス車で、車内はワンステップとなっています。上の車輌と同じく京王からの移籍ですが、こちらは1台のみで導入時点で唯一の三菱中型車です。
 1997年から販売された富士8Eボディの7mサイズのワンステップ車で、この車輌は富士8Eボディの中でも京王帝都電鉄(→京王バス)で大量に導入されたいわゆる「京王顔」とも呼ばれる前面変形ボディの1台です。
 このタイプは宮古営業所に1台のみ配属されています。
 
岩手200か1708(八幡平)2012.11.8(左)盛岡BC(右)盛岡駅
 
岩手200か1668(沼宮内)2012.4.18 盛岡BC 
岩手22き895(宮古)2004.6.8 宮古駅
(左)岩手200か1609(宮古:現在廃車)2015.9.21 盛岡南営業所 
(右)                        〃                      2013.1.14 八木沢団地
gallery_ikp_m3001006.gif gallery_ikp_m3001005.gif gallery_ikp_m3001004.gif gallery_ikp_m3001003.gif gallery_ikp_m3001002.gif gallery_ikp_m3001001.gif
 上の車輌と同形式、同じく2011年に京王グループからの移籍した車輌で、こちらは西日本車体工業製のボディが架装されています。
 やはり1台のみの導入で、宮古地区で活躍していましたが、2015年には早くも除籍となっています。
(左)岩手200か1606(宮古)2013.1.14 宮古駅
(右)                    〃                 2013.1.14 荷竹